遺族の生活資金を考えた特約

保険商品
遺族の生活資金を考えた特約
保険種別
生命保険特約

遺族の生活資金を考えた特約の特徴

生命保険のいちばんの意味を持っている部分です。最近までライフ・コンサルタントはここを一番大きなポイントにしてあなたの保険プランを設計してきました。
「定期保険特約」「逓減定期保険特約」(一定の期間単位で一定の額の定期部分の保険金が減っていく保険です。逆に同じ割合で増えていく保険もあります)に加えて、遺族の生活の保障を目的とした保険を年金形式で提供するパターンも出て来ました(保険会社によって「家族収入特約」という名称や「遺族サポート特約」という名称が使われています)。

遺族の生活資金を考えた特約のメリット

生命保険の中の細かい目的ひとつひとつがあらわになってきた時代と、現代は言って言えなくもありません。
その中でも非常にはっきりしているのが明治安田生命の「遺族サポート特約」で、「死亡」の際に「死亡保険金」をお支払いするだけで、高度障害保険金はありません、とはっきり明記している(加入される際は注意しましょう)。
明治安田生命の場合は名前からしてはっきりしていますが、アクサ生命の「家族収入特約」の場合は「年金という形で支払う」という方が優先順位が高いのか、高度障害に対するフォロ−も考えられており、保険会社それぞれの特色ともいえます。

遺族の生活資金を考えた特約の活用法

主たる目的が定期付終身保険などの大型保障準備タイプの商品と同じなので、家庭の中でメインで家計を支える役回りのひとは必須なのですが。
「葬儀代」として独身者(もしくは配偶者がかなり年上の女性の方※)もこういう保険商品に加入しておくことは大事なのだそうです。
死亡保険金というのは割りとスピーディに支払われる傾向があるのだそうで(言い切れないのはスピーディでないケースだってあるからなのですが)、葬儀費用が支払われた死亡保険金でまかなわれてしまうこともあるのだそうです。
検討してみてはいかがでしょうか。

※男性と女性の平均余命の違いがゆえにこういう表記になりました。

保険情報について


遺族の生活資金を考えた特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ