家族関係特約

保険商品
家族関係特約
保険種別
生命保険特約

家族関係特約の特徴

ここで紹介する「ファミリー特約」は扱っている会社が減り始めている(たとえば、明治安田生命は2007年12月で取り扱いを停止しました)のですが、加入されている方が多くいらっしゃるかと思われます。
減り始めているのは、女性の社会進出が進み、夫婦共働きの家庭も増えてきて、自身で生命保険の契約者となって加入する女性が増えたことも手伝っているのでしょう。
それでも、取り扱われていないこと=現在ご加入されている方がいない……わけではないのです。そういった商品を紹介するのも当サイトの主旨です(これは、やはり取り扱い会社が減っている「定期保険特約付終身保険」を紹介した意図でもあります)。
具体的には、ご主人の定期付終身保険(略語を使います)に、奥さまの保障(定期保険で500万円ということが多いです)と医療保障、一定年齢に成長するまでのお子さまの保障と医療保障を特約としてつけているものです。

家族関係特約のメリット

「1枚の保険証券で家族全員の保障をフォローします」というセールストークを聞いた経験のある方はいるかと思います。
ご家族が死亡・高度障害になった際に保険金・給付金が支払われるからです。怪我をしたり、病気で入院したりと人生にはいろいろなことがあるのは人間どんなひとでも同じですからね。
奥様個人で加入されるより保険料はお安くなっています。
それらは確かに素晴らしいことです。
ただ……この先は次の項をお読みください。

家族関係特約の活用法

この特約は、今日ではデメリットの方が浮かび上がってきていて、それで受付販売を取りやめる会社が出てきたのでしょう。
最大の問題は、「主契約の被保険者が死亡すると契約自体が消滅して奥さまやお子さまの保障がなくなってしまう」ことです。
ですから、専業主婦をしている女性や小さいお子さん(子ども保険のように手厚いリターンはないです)には良いですが、パートでそれなりの日数を働いてそれなりの月収を得ている方はご自分で契約される方がよいでしょう。
保険会社もそういった流れになりはじめておりますし、そちらに応じた(少なめの保険金額で)安価な保険料の商品を発売し始めました。

保険情報について


家族関係特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ