かんぽ生命の傷害入院特約

保険商品
傷害入院特約
保険種別
かんぽ生命特約

傷害入院特約の特徴

傷害入院特約は、かんぽ生命の特約Bグループに属する商品です。
Bグループに属している商品は他にふたつ、合計3つあって、3つの中からふたつまで選べるようになっています。
この特約は、ケガによる入院・手術・通院・療養に対応しています。
具体的には、ご契約日以後、不慮の事故により傷害を受け、その傷害を直接の原因として当該事故の日から3年以内に入院をし、かつ、その入院の日数が5日以上となった場合に受け取ることができます(この場合、ひとつの不慮の事故による入院については最高120日分までお受け取りできます)。

傷害入院特約のメリット

入院保険金の支払対象である入院の最中に、この時入院している直接の原因となった傷害により所定の手術を受けられた場合、その手術の種類に応じて入院1日あたりの入院保険金額の10倍か20倍、もしくは40倍の手術保険金を受け取ることができます※。
「通院療養給付金」と言って、入院保険金の支払の対象となる入院を60日以上継続した後退院し、退院後もその入院の原因になった傷害によって引き続いての通院や療養が必要な場合、入院期間に応じて通院療養給付金をお受け取りになれます。

※基本保障が1,000万円の場合、ご契約日から2年経過したあとの1日あたりの入院保険金が15,000円、手術保険金はその10倍の場合は15万円。

傷害入院特約の活用法

入院初日から4日目までは対応しておりません。
ご契約日から丸2年を経過するまで、入院保険金額は1年ごとに少しずつ違います(最初の1年は基本保険金の0.05%、次の1年は0.1%、2年を経過すると0.15%が支払われます。上に書いた数字も参考にしてください)。
ケガの原因というのは日常生活の中に意外なほど転がっているし(お料理をしていて包丁で指を切ったと言う些細なものも含むと)、骨折など、手術の必要なケガも数多いので、加入しておくとお得な感じがするかもしれません。

保険情報について


かんぽ生命の傷害入院特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ