かんぽ生命の疾病入院特約

保険商品
疾病入院特約
保険種別
かんぽ生命特約

疾病入院特約の特徴

生命保険における入院特約の項でも書きましたが、おそらく、かなりの数の方が、自発的に入りたいと思う保険商品であるかと思われます。
かんぽ生命の特約のBグループに所属している商品です。
病気における5日以上の入院(4日目までは免責です)に対応しています(ひとつの病気による入院については最高120日分まで受け取ることができます)。
一定の条件に達している場合、通院療養給付金も支払われるようになっていますし、下で書きますが手術保険金もおりるようになっています。

疾病入院特約のメリット

どのような手術を受けたらどれくらいの金額の手術保険金を受け取れるのか目安としてここでは書いておきましょう。
ご契約日から2年経過後の数字ですのでそのあたりはよく注意してください。
虫垂切除術(「盲腸の手術」という言葉がポピュラーに使われていますが)などは15万円(1日あたりの入院保険金の10倍です)。
一定の腸や腎臓の手術などは30万円(1日あたりの入院保険金の20倍です)。
胃切除術・悪性新生物摘出術などは60万円(1日あたりの入院保険金の40倍です)。
なお、この特約の保障期間は、本体である保険商品に沿っていますので、終身保険に加入した場合は一生涯保障されます。

疾病入院特約の活用法

「疾病入院特約」となっていますが、入院や手術だけでなく、一定の条件のもとで通院や療養などにも対応しているので、若干のお得感はあるかもしれません(他生保では役割にはっきり名前をつけて分散させている傾向があります)。
このように幅が広いです。
肺炎・虫垂炎から、がん・脳卒中などの7大生活習慣病などにも対応しています。
傷害入院特約と同様に、ご契約日からまる2年を経過するまで、入院保険金額が1年ごとに少しずつ違います(最初の1年は基本保険金の0.05%、次の1年は0.1%、2年を経過すると0.15%が支払われます。上で書いた手術保険金額も参考になるはずです)。

保険情報について


かんぽ生命の疾病入院特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ